肺炎という病気について

肺炎という病気のこと

トップ

肺炎に関する情報

新着情報

肺炎という病気に関して 

肺炎という病気の原因は、一つではありません。アデノウイルスのようなウイルスが原因の場合もありますし、細菌が原因の場合もあります。また、マイコプラズマと言って、ウイルスと細菌の中間的存在によって発症することもあります。また、乳幼児の場合には、不潔なものを口に入れることでも肺炎になることもありますし、お年寄りの場合には、食べ物を上手く飲み込めず、気管に食べ物が入ってしまうことが原因となることもあります。更に、ウイルスもアデノウイルスだけではなくて、風邪をひいた後に適切な治療をしなくて、病気の症状が重症化し、肺炎となることもあります。

アデノウイルスと肺炎 

アデノウイルスは、インフルエンザ菌の次に検出されることの多い感染性の細菌で、病気が発症すると扁桃腺炎や肺炎、結膜炎や嘔吐下痢症を引き起こし、重症になるケースもあります。潜伏期間は5日から7日ほどで、季節性が無いので四季を問わず感染することがあり、扁桃腺やリンパ節に潜みます。病気の発見には体からの浸出液を調べることで分かりますが、抗生剤が効かないため、その他の菌に感染しないように抗生剤を飲んだり、熱などへの対処療法が基本方針です。この最近による肺炎は5歳以下の乳幼児がかかることが多く、重度になることもあるので、速やかに病院で治療を受ける必要があります。

病気,肺炎